トキのたより > 飼育員日誌

ドタバタ飼育員日誌

ムギさんクロさんハダダさん

池飼育員日誌, 飼育員日誌【掲載日】 2017年05月25日

こんにちはヾ(〃^∇^)ノ

 

トキの森公園も

連日観光のお客様や

校外学習の生徒さん達で

にぎわっております

ありがとうございます♪ ((ω’∀’ω)) ♪

 

今日は公園内にある

 

多目的ケージの子達ミ(◕‿◕。)彡

 

載せてみたいと思います(*゚∀゚)

 

まず

このケージ内での

若者トリオ

ムギワラトキさん達です

 

 

IMG_8029 - コピー

 

このムギさんトリオ

 

少し臆病さん?いやいや慎重なんです(。▰`‿´▰。)

 

給餌に入ると奥~~~の方からの視線(。◕д◕。)

IMG_8051 - コピー

 

 

私たちお腹すいてるのよ!早く出て行ってよー

って感じの視線ですかねʅ(◞‿◟)ʃ

IMG_8050 - コピー

 

 

 

つづいて

クロトキさん

 IMG_8053 - コピー

 

この子は人慣れをしてるので

そばに寄ってきます

 

クロクロークロクロ―

 

と言うと

ブヒブヒ鳴いて寄ってきます。

ブヒブヒって(笑)

 

かわいいですヾ(*゚∀゚*)ノ

 

 

つづいて~

ハダダトキの

 

通称おいっちゃん(*゚∀゚)

  IMG_8031 - コピー

このケージでは一番のふるかぶ

調べてみると

 

なんと5月27日もうすぐ誕生日ではないですか!

 

17歳!おいっちゃんおめでとうございます

 

17年間を振り返っていかがですか?

 

ここの暮らしはどうですか?

IMG_8066 - コピー 

何と言ってるのかな~ (✿◡‿◡)

 

 

この子達は意外と重要な役割を担ってきていまして

 

トキ保護センター野生復帰ステーションにあります

 

順化ケージ

 

トキさん達が野外に羽ばたく前に3か月

訓練する施設です。

大きな施設です。

 

奥行80m横50m高さ15m

あります

オオーw(*゚o゚*)w

 

この施設の

 

始動前H19年

試験訓練をこの子達が

 

任されました(。▰`‿´▰。)

 

重要任務ですよね~パチパチパチパチ

 

あれあれ クロは任務に入ってなかったみたい?w|;゚ロ゚|w

 

IMG_8064 - コピー

|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

 

 

いやいや、ま、ま、みんなすごいぞってことで

 

毎日仲良く楽しく過ごしましょう

 

(*゚▽゚)/゚・:*【楽】*:・゚\(゚▽゚*)


韓国 トキ復元セミナー 2017

獣医師のつぶやき, 飼育員日誌【掲載日】 2017年05月17日

トキ復元センターの在るウポ沼は、広大な湿地が更に広大な自然を形づくるとても素晴らしい場所です。

こうしたところに放鳥されたトキ達が飛び交っていたら、中国・洋県、日本・佐渡、韓国・ウポ沼とそれぞれ環境が少しづつ異なっていても元気に生息出来き、良いなと思います。

DSCN0250

 

DSCN0252

 

 

DSCN0266

 

沢沿いの水田は、佐渡の水田を思わせる餌場に最適な場所だなと感じまし た。DSCN0267

また、ウポ沼の周辺には、広大な湿地をテーマにした公園も造成中でした。

DSCN0233

ウポ沼には、湿地に関する教育施設、ラムサール環境財団、トキに関するいろいろな施設も充実し、トキを思わせるモチーフも多く見受けられていました。

DSCN0234

食堂にもトキ。

DSCN0249

街灯にもトキ。

DSCN06261

韓国では子供の頃、学校で習う歌に「トキ」と言う童謡がありますよ!

と教えられ、みんなで合唱しくださいました。

DSCN0232

昌寧郡のツアーマップにもトキ。 DSCN0433    そして、釜谷温泉には「Ttaogi  HOTEL」(トキホテル)です。

DSCN0184

DSCN0183

宿泊したホテルでは、朝、お母さんたちが付近で採れた山菜などを販売していました。DSCN0358今回は、セミナーの様子は付録程度にし、トキの周辺をアップしてみます。

でも、写真を数枚。

参加した関係者の集合写真です。

韓国のトキには、当初から努力されて来た皆さんも参加くださいました。

DSCN0371

 

FB_IMG_1492776133999

セミナーの様子は、地元KNN放送が取材、インタビューし翌朝、放送されていました。

FB_IMG_1492776163426

次回、機会があれば、とても丁寧に通訳を務めてくれました韓国美人の通訳イさんを紹介したいと思います。トキに関する通訳は慣れていて、佐渡にも来られた経験もあるとのことでした。

 

 

 


韓国 ウポトキ復元センターを訪問

獣医師のつぶやき, 飼育員日誌【掲載日】 2017年05月12日

4月18日から21日までの間、韓国慶尚南道ラムサール環境財団が開催した2017「絶滅危惧鳥類の復元と野生適応のための学術セミナー」に参加し、佐渡におけるトキ野生復帰の取り組みを「トキ野生復帰の現状と成果」と題し報告をさせてもらいました。

セミナーの前後や移動時にウポトキ復元センターやウポ沼周辺のトキ放鳥後の生息予定地を見ながら、関係者の皆さんと改善点を含め真剣な話し合いをさせてもらいました。

今回はパート1です。

DSCN0185

     昨年は慶尚南道の道庁所在地の昌原市にあった

    「慶尚南道ラムサール環境財団」の事務所がウポ沼の畔に

    新設・移転していました。 

DSCN0208

トキ復元センターに完成した順化訓練ケージです。

   楕円形(80m×50m×20m)で放鳥口も設置されています。

DSCN0219

順化ケージの内部には、田んぼをイメージしたビオトープが

もうけられています。

DSCN0214

放鳥口です。どこか見覚えのある作りです。

DSCN0227

順化ケージ全面にはビオトープが造成され、その先にはウポ沼が

広がっています。

佐渡で訓練を受けているトキは、佐渡の水田地帯を見ながら訓練を

受けていますが、韓国ではウポ沼を見ながら訓練を受けていくことに

なるのでしょう。

DSCN0228     順化ケージ前に広がるビオトープで、餌場としての構造など

についてみんなで意見交換が盛んに行われました。

DSCN0230

施設内に設置されていたU字溝の蓋にトキです。

DSCN0270 トキの餌場となる水田は、裏作としてニンニクや玉ねぎが栽培されており、

稲作が開始される時期までは、餌場として活用できないいと言う問題も抱えていました。

DSCN0251

韓国のラムサール指定湖沼を代表するウポ沼です。

ウポ沼を含め周囲に4湖沼で構成されています。

DSCN0272

単作の水田では、田植えが行われていました。

DSCN0239

国で買い上げたビオトープ用地。   DSCN0275         周囲には綺麗な湿地が広がっています。

DSCN0380    セミナーの様子です。皆さん、真剣に聞き入っていました。

DSCN0371      私も、一生懸命佐渡の取り組みをお伝えしました。

DSCN0392

DSCN0387

会場入り口のは、宇治さんと金ちゃんのパネルも飾られていました。

長くなりましたので、パート1はこの位として、

次回は、童謡「トキ」や関係者との交流なども紹介したい思います。



PAGE TOP