トキのたより > 飼育員日誌 > つなぐ九州

ドタバタ飼育員日誌

つなぐ九州

飼育員日誌 【掲載日】 2015年09月12日

おはようございます。

いきなり九州、、

すみません、なぜかこの頃

九州にアンテナが触れるのです。

 

一つ目のアンテナは、

夏の終わりに プラザへトキを観察に来てくれた

京都府立大の学生さん、九州出身の方でした。

「大学 おもしろい?」と伺うと

「うちの学校はランドスケープ学の研究室もあって

野鳥観察とかしてるんですよー」と話してくださいました。

(里地里山をフィールドに鳥などの生き物と緑⇔人との関係などを学ぶそうです)

DSCF4528

 快くカメラに応じてくれた彼女

注:彼女は一人旅でしたので 後ろの方とは無関係です(゜∀゜

 

生命環境学部か.. ーなんだかおもしろそう。

(京都府立大といえば.. ダチョウ卵黄を用いて

鳥インフルエンザやMARSなどへの

抗体研究で有名な、塚本教授のいる学校ですね!)

 

二つ目は、博多湾のクロツラヘラサギです。

トキの仲間ということもあって、とても気になっています。 

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギが飛翔する姿は

トキととてもよく似ています(´ω`

 

日韓友好のかけはしでもあるクロツラヘラサギ

今月、九州福岡でシンポジウムがあるのです

busan-wajiro

                             http://homepage3.nifty.com/wetlandforum/

           詳しくはこちら↑

 

 三つ目は、つなぐの名付け親の入濱さん

この度のつなぐ放鳥を見守りに、九州福岡から

はるばる佐渡へおいでくださることになりました(´∀`*

 

第13回自然放鳥

9月25日放鳥予定

いよいよです

プラザにいたゆるりとつなぐが、現在 放鳥訓練中

12

01 

プラザのケージで苦楽(?)を共にしたゆるりさん↑

2013年 ゆうたとペアを組むも

2014年 ゆうたは再び すみれとペアに..

ゆうたとすみれの追いまわし攻撃から逃れて

息もきれぎれに飼育員の後ろに隠れることもありました。 

さいごは ネットは使わず、

抱え込むように腕の中に捕獲したゆるり..

(元気になって、本当によかった)

 

そして、つなぐ(右)

07

04211410 

このケージ内で孵化、誕生、巣立ち、共に成長しました。

九州福岡の入濱さんは

つなぐ という名前に

人と人、人と自然(生物)をつなぐ使命を

託してくださいました。

そんな想いをプレッシャーに感じることなく

彼ならきっと、しぜんにつないでくれることでしょう。

DSC_8487

たのしみですね(´v`*

いよいよ

大空へはばたく日が近づいています。

 

 

 


PAGE TOP