トキのたより > 飼育員日誌 > トキとの日々 > 研修生がやってきました

ドタバタ飼育員日誌

研修生がやってきました

トキとの日々 【掲載日】 2015年08月07日

 

トキの森公園に

研修生がやってきました!

 IMG_2717

岐阜の高校生 石槫大樹 さん(16)

   いしぐれ だいき 

インターンシップ制度により佐渡市で受け入れ

トキの飼育施設であるトキふれあいプラザへ実習に来られました。

 

今回は、佐渡市が取り組んでいる

人とトキが共生できる社会の実現に向けて実施している「トキ認証米」や「ビオトープ整備」

また、石川県能登の子どもたちとの「交流事業」にも参加し、理解を深めていただきました。

 

石槫さんは、岐阜県立岐阜農林高校 動物化学科2年 に在籍、馬術部に所属、

将来は、希少動物の保護に関わる仕事に就くことを希望しているそうです。

「トキがどのように飼育されているのか」

「また職員の方々は毎日どのような取り組みをされているのか」

そこは実際に体験していただきました!

P1030641

餌準備室

ここでは馬肉飼料を作成したり、大きな水槽でドジョウを蓄養管理しています

P1030642

 ドジョウを計量中

 

P1030661

 

近似種のクロトキや、ハダダ、ムギワラトキたちの飼育ケージ

プール掃除の時間です

「お、だれだれ??」

P1030654

初めて見る飼育員さんに 興味津々の人馴れクロクロ

キレイに洗っていただきサッパリしたプールにドジョウを投入

夕方は、+ペレットもバットに入れて餌屋根の下に..

ねぐら入りまでの腹ごしらえ◎

 

その他に

モニター観察などもしていただきました

 短い研修期間でしたが

石槫さん いかがでしたでしょうか

トキって、おもしろいな

鳥もおもしろいもんだなあ..と感じていただけたかな

動物科学!

頼もしい分野ですね

今後のご活躍を 期待し応援しております 

 

今回の研修では私たちも共に勉強させていただきました

どうもありがとうございました(´v`

 

 

 

 


PAGE TOP