ドタバタ飼育員日誌

巣台づくり

トキとの日々 【掲載日】 2015年12月15日

こんにちは

DSCF4864[1]

今朝のトキの森 さざんか(山茶花)です。

DSCF4869[1]

紅白にて

散りゆく株にも まだまだ美しい大花あり.. 

暮れの一息

 

さて、

今年はクリスマスイヴに捕獲が決まり

準備大詰めの時期となりました。

木枯らしが舞い、冷たい雨が降り、

はや師走か… 雪でも降りそう

(あ~スタッドレスタイヤに履き替えなくちゃ..)

という、まさにこのころ

「全羽捕獲中にできることリスト」を

少しずつこなしていく時期

「巣台づくり」も年末恒例準備のひとつです。

P1030950

じゃーん! 

とりあえず、完成しました~

といったん終了してから

もう少し細かく編んどくか…)

(卵落ちないように)

とちょこちょこ蔓を加えていき、

結局ギリギリまでいじっております。

 

ありがたいことに、毎年素材を採取してくださる市橋さんから

秋口になると、必ずお電話をいただきます。

「こんなのんが採れた。」

「あんなのんも採れそう。」

「トキが喜びそうなのん 見つけた!!」

活き活きと「採取現場」の様子や状態を

ひとしきり説明してくださり

そして、

もらっていただけると、すごくうれしいんだけど…」

シュンとワントーン下がって遠慮がちな声色になるので

「とってもありがたいことです。大変助かります!

と遠慮なくお返事すると

また活き活きとした声色に戻られて

じゃあ!と、受け取りの日程を決めます。

いいタイミングを見計らって採取してくださるので

しなり具合もよく、

実際大変助かっております。

おかげさまで

二年連続の自然繁殖成功。

またこの巣台の上で、今季も巣がつくられて

ヒナが孵ったら.. うれしいですね(´v`*

IMG_9583 - コピー

IMG_6589 - コピー

 

PS: その市橋さんのお父上、故・佐藤春雄先生をはじめ、

かつてトキ保護に立ち上がった人々の軌跡を追った

感動の貴重ドキュメント

「朱鷺の遺言」   小林照幸

再読しています。

夜長の読書タイムに、ぜひおすすめです

P1030977

 

DSCF4862[1]

DSCF4858[1]

 


PAGE TOP