ドタバタ飼育員日誌

アリガトウ

飼育員日誌 【掲載日】 2016年01月09日

こんにちは

年末年始の改修工事、臨時休館中は、

みなさまには大変ご迷惑おかけいたしましたが

おかげさまで、工事も無事終了いたしました。

1月6日、無事4羽が再放鳥された

トキふれあいプラザ

ビオトープケージです。

DSCF5022[1]

若鳥537 (オレンジ色の足環)

P1040017 - コピー

↑ゆうたと、すみれペアの足環に変更はありません。

ゆうた  キイロ

すみれ  ピンク

536  アオ

  537  オレンジ

DSCF5024[1]

新しい巣台にとまるペア

さっそく擬交尾が観られました。

春ですね~、春、春。

実際はまだまだ寒い日が続きます

雲が厚く、なかなかいい陽射しが得られません(´~`;

写真も どうしても薄暗くなってしまうので

またいい陽がでたら、あらためて撮影しますね。

今回の一番大きな工事作業

ケージ内やドジョウ蓄養に使う「」。

飼育スタートからまだ4年の月日ですが、井戸水用のポンプの調子が悪く

年々水量が乏しくなり、非常に悩ましいところでありました。

今回の捕獲時にポンプ交換、井戸内清掃改修されて

ようやく「命の水」がたっぷり確保されました。

これ、なにより。 

本当にうれしい(´ω`

P1040006 - コピー

↑ 退避ケージにいたトキたち(奥は幼鳥)の

このケージにも水が届かず、

バケツに汲んで、プールへ運び

掃除もままならなかった状態が…

見てください! この通り!

P1040031

豊富な井戸水が注ぎこんでいます。

こころなしかドジョウまでもがよろこんでみえます(^v^

あまり水の動くところを好まないドジョウですが

注ぎ口に集まってじっとしているの わかりますか?

 

↑ 奥に写っている2羽は

1月12日、トキ保護センターへ返還予定

ときわうみです。

この2羽は、はばたきの力がとても強く

翼固定されてから16日目の今朝

とうとうときわさん、高い止まり木に上がりました。

風切羽をテープで巻かれ、しっかり固定しされていても

この高さまで飛べてしまいます(´ワ`;。

もうじきお別れ

ときわうみ

この2羽への感謝

ずうっと忘れません。

 

それと、みなさん 見てください。

プラザ入口に、お礼のことばを発見!

P1040026

P1040025

メッセージが並んでいました(´v`*

みなさま、本当にアリガトウ

おかげさまで 春を迎えることができました。

またみなさまに

うれしいお知らせをお届けすることができますよう

今年も スタッフ一同がんばります。

どうぞよろしくお願いいたします。

P1040028

おまけのおやつ

ゆで小豆の黒糖蒸しパン。

(あれ、こんな撮影時には なぜかいい陽が射した..~(´v`;)


PAGE TOP