トキのたより > 飼育員日誌 > トキとの日々

ドタバタ飼育員日誌

耳を澄ます

トキとの日々, 飼育員日誌【掲載日】 2015年11月24日

ケージ内の6羽

皆で和やかに地面探索をしているな..

と観ていると、急にピタッっと一斉に動きを止めて

神経を集中させることがあります

DSCF4798[1]

なんでもないとなると

また一斉に動き出します

 

地面探索を再開して、間もなく

またピタッと

DSCF4832[1]

止まり..

DSCF4829[1]

DSCF4828[1]

DSCF4827[1]

DSCF4831[1]

首を左右に傾げながら

外部の音に耳を澄まします

なんともなければ、またプールに入ったり

土の中をほじくったり

….

気になることがあると、またピタッ!…

DSCF4841[1]

DSCF4837[1]

DSCF4839[1]

DSCF4840[1]

っと、また

耳を澄まし、視力も凝らし

身に危険が及ばないかと

いつも集中しているトキたちです

 

こんなふうに様子を察知する間があるといいのですが

不意に驚いてしまうと、パニック飛翔につながり

ケガを負うことになりかねません

このピタッ..と行動の「間」が

とてもだいじですね..

野外のトキたちも 同じように目を凝らし

耳を澄ましていることでしょう

 

本日、一斉飛翔はなく

ネットにあたったり、ぶつかることもなく

ホッと一安心の飼育員でした..(´ω`

(Model: UMI)

 


十一月 入場無料

トキとの日々【掲載日】 2015年11月07日

こんにちは

十一月に入り、紅葉、黄葉が

ますます美しいトキの森です。

DSCF4777[1]

メタセコイヤとアカナメモチ

DSCF4721

 

DSCF4774[1]

アカシデの紅葉 うつくしい橙に

DSCF4788[1]

オオモミジも、色鮮やか

ふぁあ..

 

自然の彩に 

思わずため息…

 

さて ケージの中は.. 

DSCF4766[1]

  幼鳥(小)が プールに降りてきましたよ

DSCF4767[1]

お、 うみも入ります♩

DSCF4757[1]

うみと幼鳥(小) なかよく採餌

DSCF4765[1]

うみ、どう?

おいしかったかい?

DSCF4761[1]

見守るお母さん

DSCF4791
ツワブキの黄色も 

うつくしく ひっそりと (´v`*

トキの森公園 

 入場無料 は11月30日まで 

みなさまのお越しをお待ちしております

 


トキ野生復帰シンポジウム

トキとの日々【掲載日】 2015年11月03日

放鳥トキ情報

環境省発行 かわら版11月号に

大空をはばたくNo.222(ゆるり)

の姿が載っていましたね(´∀`* 

秋の青空に映えて

とても美しいゆるりさん..

ゆるり飛翔

画像提供 環境省 

http://blog.goo.ne.jp/tokimaster

 

今年は、環境野生復帰目標年。

「平成27年頃、60羽定着」

という目標「環境再生ビジョン」を策定したのは

平成15年 春のこと。

現在、約150羽ほどのトキが

島内で確認されています。

また今月は、生物多様性佐渡推進PR月間です。

 

11/1から

● トキふれあいプラザ

● トキ資料展示館

(2施設環境協力費 おとな400円こども100円のところ)

11/30まで 両館ともに無料でご覧いただいております。

 

11月22日(日)に行われる

「トキ野生復帰2015シンポジウム」

あいぽーと佐渡 (多目的ホール) 

13:00~17:00

こちらも入場無料です

 

シンポジウムポスター 

◎基調講演

● 山岸 哲氏 (前トキ野生復帰検討会座長)

「トキ野生復帰のこれから」

● 藤田 香氏 (日経BP社 生物多様性担当プロデューサー)

「トキのいる佐渡への期待」

 

◎研究報告(14:50~15:20)

新潟大学

 ◎パネルディスカッション(15:30~16:55)

定着するトキを通じてー全国へ向けた佐渡の役割と可能性

パネリスト5名をお迎えしてのパネルディスカッション

トキのこと

これからについて

どんな話し合いになるでしょうか

先着200名様に野生復帰記念として

かわいいストラップ ご用意しております

ぜひ お早めにご来場ください(´v`*

 

untitled 

 



PAGE TOP