トキのたより > 飼育員日誌 > トキとの日々

ドタバタ飼育員日誌

かわいいなかまたち

トキとの日々【掲載日】 2015年09月04日

今朝、

クロトキたちの給餌に向かう園路に

ちいさな きのこのなかまつやめいて

苔地一面 ちりばめられたように

立ち上がっておりました

P1030765 - コピー

花でなくともかわいいなかまたちです

ほかにも

5月~6月頃に目を惹いていた白い花たち

エゴノキ や

ヤマボウシ(白いのは花ではなく総苞弁) も

9月に入り、その実を目立たせております(´v`*

 

P1030768 - コピー

エゴノキ

実家の庭にもあったので、

こどものころから馴染みのある実です 

ここ、キンちゃんの石碑の向かいにて

おてだまを作るのに このシャノミを使ったもんだ..」

と公園内の誘導員Sさんが話してくれました

あれ??

(これエゴノキじゃないんだかな??)

と思いながら、その後、ふと調べてみたら

やはり同じ木であることがわかりました

佐渡ではチシャノミとかジシャノミとか呼ぶようです

地方により呼び名がちがう

というのも おもしろいものだな..

それから

これ

P1030769

はい、ヤマボウシ

この実については、昨年も

新人飼育員さんがブログに書いておりましたが

ホントこのおいしさには驚きですよね!

ひそやかなおやつです(´ω`

飼育員、給餌後のビタミンチャージ☆彡

今年も、恵みに感謝し

ありがたくいただいております(´ω`

あ、

けして

独り占めなんてしません(゜× ゜;

公園内、何本もございますので、、

 

お散歩がてら

どうぞひっそりと試食にいらしてください! (^v^;

 

:エゴノミ(チシャノミ)は有毒です

ご注意くださいませ


トキパズル

トキとの日々【掲載日】 2015年08月27日

 

トキの森公園

トキ資料展示館に

たのしい手作り

が設置されました*

DSCF4531

観察通路に常時設置してありますので

ぜひ、お手に取ってみてください(´∀`*

 

箱のそれぞれの面に、他の面とは違う写真が貼ってあります。

箱をならびかえて、写真がつながるように台の上に置くと

一枚の絵ができあがります。 

 

パズルの作者は、このかた

↓ ↓ ↓

DSCF4526

岡林耕平さん (21)

東京農業大学 生物産業学部 産業経営学科 

オホーツクキャンパスの3年生

今月初旬にみえた岐阜の高校生、石槫君に続き 二人目の研修生です。

キャンパスはオホーツクですって(゜∀゜!!

はるばる網走市から来ていただきました。

岡林さんのご出身は地元佐渡市羽茂小泊。

 

インターンシップ制度により、佐渡市が受け入れ

今回は岡林さんが学芸員の「博物館実習」をテーマとしていることから

学芸員の事業に近い、資料展示館でのお客様へのご案内や

展示内容についての企画制作を実習。

また、トキ資料の整理、データベース化

他にも高校生(早稲田実業)がトキ講話、ビオ体験などを実施する際の

スタッフとしても業務を行っていただきました。

 

DSCF4529

約10日間の研修

あらためて地元佐渡の人や自然も

見つめ直していただけたのではないでしょうか?

地元を離れてみると、知らなかったよさや、

知ってても気づかなかったよさを

再発見できること ありますよね(´ω`

今回研修生として実習したものに加えて

その魅力を ぜひ多くの人に伝えていただきたいです(´v`*

 

卒業まで、あともう少し

北海道の大地にてがんばってください!

 

短い期間でしたが、 

岡林さん ありがとうございました。


メッセージ

トキとの日々【掲載日】 2015年08月15日

今朝は 空気が澄んでいて

ほんのきも~ち秋を感じる空でした。

DSCF4503

 

天窓の下からトキを見上げながら

お客さんと、トキについてあれこれお話しできること

とてもありがたいなあと感じます。

 

昭和43年、佐渡

 気持ちを通わせ合ったトキの若鳥(後のキン)を

 捕獲しなければならなかった 宇治金太郎さんの心中..

昭和56年、1月

佐渡に残っていた野生のトキ5羽をすべて捕獲し

計6羽でのペアリング、繁殖を試みるも うまくいかなかった月日..

 

「当時はねぇ、、仕方なかったんだよね..」 

新潟市からお越しの浜田さんご一家と

いっしょに、当時に思いを馳せながら..

今日は いろんなお話をさせていただきました。

 

佐渡・月布施地区のご出身だそうで

「昔は うちのあたりにも トキたくさんおったって」

でも、今みたいによろこばれる存在ではなく

むしろ苗や稲踏むといって 嫌がられた鳥だったそうです。

 

DSCF4505

 浜田さんご一家 

 

現在の、トキを野生に戻そうという試みについて

「単に日本のトキの数を増やしたいわけじゃない」って

資料展示館の最後のパネルのところに、そんなことが書いてあってね… 

感じ入るものがあったよ..

と、そう話してくださいました。

ああ、あの青い地球が映ったいちばん最後のパネルか!

 スッと通り過ぎてしまいがちな あのパネル…  

確かに、よくよく読むと;

わたしたちの本来の目的、これからのこと、

そこには大切なメッセージが書かれていました。

みなさんも

機会がありましたら

ぜひ あのラストパネル、立ち止まって読んでみてください(´ω`

 

浜田さん、現在  新潟市中央区にて

「麺の店 きらく苑」を営んでおられるそう

今度、機会があったら

ラーメン 食べに行ってみようっと(´v`*

 

 どうもありがとうございました

DSCF4504



PAGE TOP