トキのたより > 飼育員日誌

ドタバタ飼育員日誌

どんぐりのお土産

飼育員日誌【掲載日】 2015年10月14日

こんにちは

昨日は降ったり止んだり、

本日はまた快晴のトキの森公園です。

 

DSCF4634

雲も様々

 

DSCF4620

公園裏側のススキ 

 

DSCF4621

クヌギ

 

マテバシイやカシの実などの

どんぐりをたくさん拾い集める

沖縄からいらしたお客様に出会いました

 

「沖縄にはどんぐりないんですよ」

!へえ、そうなんですか!

知りませんでしたー

「それはいいお土産になりますね!」

(´v`*

 

ほかにも色々落ちてます

DSCF4622

ヤマボウシの実は

つぶれてないのを拾って

酵母ビンに足しておきました(・ω・

 

トキたちは

あれから

少し給餌時間や回数、量を調整工夫したところ

開園時間内に降りてきて

プールに入ってくれるようになりました

DSCF4628

DSCF4629

DSCF4623

よかった..(´ω`

 

DSCF4633

しばらくは

このお天気続きそうですね(´v`*


プラザ幼鳥秋の空

トキとの日々【掲載日】 2015年10月07日

 

一段とさわやかな青空になりました

 トキの森公園です

適度な風がそよいで 

気持ちのいいお天気(´ω` ~ 

DSCF4600[1]

 

DSCF4598[1]

青空に映えるこぶしの実

(まだ実は袋に包まれておりますね)

あんまり気持ちいいので

お弁当は外で食べました♩

 

ただし こんな陽気、、、

トキたちはたいてい

DSCF4602[1]

止まり木から ちっとも

降りてこないのです…(・ω・;

 

閉館せまる4時近くになって

ようやく降りてきました。

 

幼鳥(オスっぽい方)

単独でも平気↓↓

 DSCF4609[1]

 

DSCF4614[1] 

DSCF4615[1]

切り株の下からつまみ出し

ドジョウを採餌

 

この後、しばらくして

次々とみんな降りてきたのですが

また

物音がしたりすると

一斉に飛翔したりして..

 

落ち着いた食事時間というのが

ここのところ

早朝に定着しつつあり

 

うむ..

お客さんに近く観てもらうためには

生活習慣

変えてもらわなくちゃ!?

(´~`;?

 

とはいえ

お昼に採餌に来ることももちろんあり

いろいろな日があります。

私たち人間にもいろいろな日があり

なかなか規則正しくばかりはいきませんものね、、

 

DSCF4606[1]

いつのまにか

もみじの葉も もう落ちそう..

 

DSCF4603[1]

朴の葉っぱもこのとおり

落ち葉ふみふみ 歩くのも楽しいもの

朴葉を踏む音は

特にダイナミックで。

 

午後の陽ざしが また

今の季節らしさを美しく照らしてくれます。

 

秋深まるトキの森へ 

また

ぜひお越しください(´ω` /


こんにちは うみです

トキとの日々【掲載日】 2015年10月05日

 

 こんにちは うみです

DSCF4588[1]

2014年生まれの1歳です

 

同じ年生まれの姉妹 ときわ姉さん

今年2015年生まれの兄妹 幼鳥2羽

父 ゆうた 母 すみれ 

6羽 今のところおだやかに暮らしています

 

うみ好奇心旺盛で

すこしおませさん

春には お母さんたちの巣に興味津々でしたし

昨冬兄妹3羽つなぐ兄さん含)の中で

いちばん最初に繁殖色がついたのもうみでした。

 

現在、繁殖羽から生えかわり

本来のトキ色をとても鮮やかに魅せているのは

お母さんのすみれですが、やはりうみもお母さんに似て

美しい色を背中にまで滲ませています。

そしてこの頃は

短い鳴き声を出し お母さんと何やら鳴き交わし

羽づくろいで抜けた小さな羽毛を渡そうとしたり

葉が生い茂ったスダジイの木にとまり

今年生まれの幼鳥と何やらがさごそと遊んで?いたり…

なにかと活発なうみさんです。

DSCF4591[1]

DSCF4593[1]

DSCF4594[1]

観ていてあきないうみさん

ぜひ じっくりと

観察にいらしていただけたらと思います(´v`*

 

DSCF4590[1]

トキの森公園

秋が深まってまいりました

DSCF4589[1]

アベリアの蜜を吸うモンキアゲハ 

朝晩 冷えます

そろそろ 見納めかも..

 

追記

P1030849

先日の放鳥を

一緒に見守ってくださった

つなぐの 名付け親 福岡の入濱さまより

ご丁寧なお心遣い

久留米絣の小物などが届きました

誠にありがとうございます

大切に大切に使わせていただきます

 

 



PAGE TOP