トキのたより > トキ・ニュース

ドタバタ飼育員日誌

キン没後10周年記念「トキ飼育繁殖・野生復帰報告会」 ~キンちゃん君を忘れない~開催のお知らせ(11月24日(日))

お知らせ【掲載日】 2013年10月21日

 最後の日本産トキ、キンが平成15年10月10日に死亡してから明日で丸10年となります。また、平成20年9月25日の第1回放鳥から5年が経過しました。そこで、キンの残した足跡をふり返りながら現在進めているトキの野生復帰の近況等をお伝えする標記報告会を11月24日(日)に開催されます。

<内容>(予定)
・日本産最後のトキ「キン」の思い出
・トキの保護増殖・野生復帰のあゆみ
・トキの野生復帰の近況報告

日時:平成25年11月24日(日)10:00~12:00

会場:トキ交流会館(佐渡市新穂潟上1101-1)大ホール

申込方法:事前申し込みは不要です。会場への入場は先着150人程度となります。

お問合せ:
佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション

電話    :0259-24-6151
FAX  :0259-24-6152
e-mail  :ngt035410@pref.niigata.lg.jp


佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの一般公開のお知らせ(11月23日~24日)

お知らせ【掲載日】 2013年10月21日

佐渡トキ保護センターでは、11月23日(土・祝)、24日(日)の2日間、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの一般公開が行われます。
トキの野生復帰のための順化訓練を行う施設である佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションを一般公開し、訓練や放鳥の方法等について説明や、放鳥トキの訓練を行う順化ケージの見学などを行います。

 
野生復帰ステーション順化ケージ

 公開の日時
11月23日(土・祝)13:00~15:00
11月24日(日)13:00~15:00
※雨天決行

 申込方法
11月21日(木)17:00までに、代表者氏名・人数・電話番号・希望日を下記までお知らせ下さい。申し込みは、電話(平日9:00~17:00)、FAX、e-mailで受け付けます。

佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション
電話    :0259-24-6151
FAX  :0259-24-6152

e-mail  :ngt035410@pref.niigata.lg.jp

※定員(30名)に達した場合、受付を締め切らせていただきます。

各日13時00分までに佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(佐渡市新穂正明寺1277)の来客用駐車場(正面ゲート手前右側)に集合してください。

見学について
公開は、野生復帰ステーション順化ケージを中心に行います。施設内では、職員の案内に従って行動してください。なお、順化ケージ内に現在トキは入っておらず、飼育しているトキを直接観察することはできませんので、あらかじめご了承ください。


【放鳥トキ9月のようす】 第9回放鳥が行われました。

トキ・ニュース【掲載日】 2013年10月16日

■ 9月中に確認されたトキ(2013年9月末現在)

 ・佐 渡  89羽(オス48、メス41)
  2012年生まれ(若鳥)   7羽
  2013年生まれ(幼鳥)   4羽 
 ・本 州   1羽(メス1) 
   
 ・行方不明(半年以上未確認)  12羽
 ・死亡(1年以上未確認含む)  42羽
 ・捕獲(再放鳥含む)   4羽(2羽再放鳥)

※09/12/01の野生復帰専門家会合において、1年以上未確認の場合は「死亡」、半年以上1年未満未確認の場合は「行方不明」と定義されました。

■ 放鳥トキの動き(2013年9月)
 ・9月27日(金)から佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(佐渡市新穂称名寺)にて第9回トキ放鳥が行われました。放鳥は3日間で終了しました。
 ・しばらく不明のNo.66、74、81の3羽が相川地区で確認されました。(8/31)
 ・No.125のGPS送信機が脱落していることが確認されました。送信機の自然脱落はNo.105に続いて2例目、送信機本体の回収は初めてになります。
 ・羽茂地区の群れに2012年生まれの若鳥が2羽いることが確認されました。

羽茂地区にて刈田に降下するトキ3羽 新穂地区にて枯れ木にとまるNo.110および148

■ 9月中にトキが確認された地域(目視、GPS情報含む)
佐渡島内/新穂、金井、両津、羽茂、真野、畑野、相川
石川県/羽咋市

【放鳥トキ目撃情報をお寄せ下さい。】
連絡先:佐渡市トキ交流会館
電話:0120-980-551(時間8:30~17:00)※トキ目撃情報専用フリーダイヤルです
FAX:0259-24-6041(24時間受付)

・最新のトキ情報は、環境省『放鳥トキ情報』をご覧ください。
http://ibis-info.blog.ocn.ne.jp



PAGE TOP