トキのたより > トキ・ニュース

ドタバタ飼育員日誌

佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで訓練を開始したトキ2羽の収容について

トキ・ニュース【掲載日】 2012年06月20日

平成24年6月20日(水)環境省からの発表で、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージにおいて、本日訓練を開始した個体2羽がケージ内でネットに衝突して落下したため、収容されました。 現在順化ケージで訓練を行っている個体は18羽となりました。

(1)1羽目の収容について
収容した個体:(放鳥番号No.126)2010年生まれ、メス

収容経過:11時07分に順化ケージ下流側(放鳥口側)の地上に伏臥していたため、収容した。監視カメラの録画画像によって、収容した1羽は10時54分に飛翔して順化ケージ下流側のネットに衝突し、地上に落下したことが確認されました。外傷は確認されていないものの立ち上がれない状態のため、野生復帰ステーションにおいて、箱に収容し、ショック防止剤として副腎皮質ホルモン剤を投与(注射)した。当面訓練の再開を見合わせ、経過観察をしていくこととしている。

(2)2羽目の収容について
収容した個体:(放鳥番号No.133)2011年生まれ、メス

収容経過:何かに驚いて多くの個体がケージ内で飛翔した際、14時35分に順化ケージ下流側(放鳥口側)のネットに衝突し、地上に落下した。仰向けの状態になったまま、起き上がることができなかったため、14時37分に収容した。外傷は確認されていないものの立ち上がれない状態のため、野生復帰ステーションにおいて、箱に収容し、ショック防止剤として副腎皮質ホルモン剤を投与(注射)した。当面訓練の再開を見合わせ、経過観察をしていくこととしている。

2.今後の対応
 今回の個体については、経過観察後、佐渡トキ保護センターの飼育ケージ又は野生復帰ステーションの収容ケージにいったん移動し、個体の回復状況を見ながら再発の可能性等も検討して、再度順化ケージでの訓練を再開するか判断することとしている。


第7回放鳥に向けた野生復帰ステーション順化ケージでのトキの訓練が開始されました。

トキ・ニュース【掲載日】 2012年06月20日

平成24年6月20日(水)環境省からの発表で、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージにおいて、第7回目の放鳥となる2012年9月下旬頃の放鳥に向けて、19羽のトキについて飛翔・採餌等の能力を身につけるための訓練を開始しました。

 本日午前9時頃から20羽の訓練候補個体について、計測作業と個体識別のための足環の装着・羽根の着色等の作業を開始し、10時46分に順化ケージ内に放しました。

 11時07分に、地上に伏臥していた2010年生まれの個体1羽(メス2歳)を収容したため、19羽で訓練を開始しました。
監視カメラの録画画像によって、収容した1羽は10時54分に飛翔して順化ケージ内のネットに衝突し、地上に落下したことが確認されました。外傷は確認されていないものの立ち上がれない状態のため、当面訓練の再開を見合わせ、経過観察をしていくこととしています。

 
作業中(足環の装着・羽根の着色)のようす


順化ケージへ放鳥のようす


棚田学会現地見学会シンポジウム開催のお知らせ

お知らせ【掲載日】 2012年06月20日

棚田学会現地見学会シンポジウム「世界農業遺産における棚田の価値」が開催されます。

日時:平成24年6月23日(土)14:30~17:00(14:00開場)
会場:岩首談義所
参加費:無料

プログラム

■講演会

「世界遺産から見た棚田の価値」 渡辺竜五氏(佐渡市農林水産課 課長)

「トキと水田-放鳥トキの観察からわかってきたこと-」 長田 啓氏(環境省佐渡自然保護官事務所 主席保護官)

■パネルディスカッション

パネラー
山本雅明氏(佐渡市農林水産課 生物多様性推進室 室長)
長田 啓氏(環境省佐渡自然保護官事務所 主席保護官)
仲川純子氏((社)佐渡生きもの語り研究所 理事長)
海老澤衷氏(棚田学会副会長 早稲田大学文学学術院教授)

コーディネーター
山路永司氏(棚田学会研究委員会委員長 東京大学大学院教授)

主催:棚田学会佐渡現地見学会実行委員会 棚田学会
後援:岩首集落、佐渡観光協会、JA佐渡、JA羽茂
協力:環境省佐渡自然保護官事務所



PAGE TOP